« ネコの結婚 | トップページ | 春は旅立ち »

2010年2月24日 (水)

スタンプを押すコツ

ベタの面積が広いとムラになりやすいのですが、
そういう場合にスタンプをきれいに押すコツ(印影をベタっとさせるコツ)
について説明します。

ベタ面が多い場合、スタンプ台は濃くつくモノがおススメです。
㈱ツキネコのものだと、VersaCraft、VersaMagicなどです。
また、紙はボコボコしたものよりツルツルしたものがおススメです。
P1030338
今回、VersaCraftを使います。紙はマルチカード(って書いてました)です。

小さいスタンプパッドを使用する場合、
印面を上にし、上からインクをぽんぽん軽く付けます。
P1030339
ぎゅーと付けないよう注意してください。インクがブジュッと出る場合があるので。
まんべんなくインクがのるまでポンポンします。
P1030344
いい感じ。

でもざらついた台の上でスタンプすると、
P1030341
失敗します。
これはこれで霧っぽくていいんですが、今回はベタ押しを目指しますので。

ゴム台を下にして、なければ電話帳やメモ帳などを下に敷くようにします。
そして、スタンプを置き、均等に力が入るようにグッと力を入れて押します。
印鑑の押し方と同じです。
スタンプを片手で押えて、もう片方の手(指)で押すというのもありです。
大きいスタンプの場合は中央の部分が白くなりやすいので、
手の平や指で中心をぐっと押してください。
P1030345
右が、下にメモ帳を敷いて力をくわえて押したもの。
このスタンプの場合は、下の方がベタ面が広いので、
下の方に力を入れて押しました。

P1030349
シャチハタのスタンプ台も比較用に使いました。
この場合は、シャチハタが一番鮮明ですが、
紙によっても変わってくるのでケースバイケースです。

|

« ネコの結婚 | トップページ | 春は旅立ち »

RoseMaria」カテゴリの記事