« 冷えの根本的解消方法 | トップページ | クリスマススタンプ »

2012年10月17日 (水)

家のメンテナンス

P社のビルドイン式の食器洗い乾燥機を使用しているのですが、
扉部分の板がカーブしている事に気が付き、
1年もたたないうちにへたってしまったの?と思って、
修理をお願いすることにしました。

それが修理のお願いするまでが大変でして。。。

食器洗い乾燥機の表についていた長期点検サービスの電話番号に
電話をしたのですが、
「ここじゃないです。修理の相談窓口に電話をかけ直してください」
と言われ、電話をかけなおしました。

マニュアルにのっていた修理の相談窓口に電話をかけると、
機械の音声案内に沿って次に進んでいったのですが、
「修理したい機会の名前を、エアコン、洗濯機などと
ピーの後に、言ってください。音声認識します」
と言われたのでピーの後に
「食器洗い乾燥機」と答えました。すると、機械の音声案内から
「衣類乾燥機ですか?あっている場合は”はい”を
間違っている場合は”いいえ”とお答えください」と言われ
「いいえ」と答えると、
「認識できません。認識できません。担当者におつなぎします」と
甲高い声で言われ、しばらく経つと
「ただいま大変混み合っております。お待ちになるか、おかけ直しください」
と言われ気分はブルー。

しばらく待っても、ダメなので、
修理の広島支店に電話をかけたのですが全くつながりません。

ここまでで30分もかかっていました。修理は忙しいらしい。

さらにショックなことに
電話がつながるのを待っている間に、保証書をチラッと見るとなんと
”販売店名の記載がない場合は無効です”とかかれているではないですか!

困った挙句、家の建築をお願いした建設会社に問い合わせると
それが正解だったらしく
「それ、すぐに直りますからP社の修理担当者に連絡します」となり

1時間後位に修理担当者が立ち寄ってくれる事になりました。

ねじを締めるだけだったので、本当に、すぐに直りました。
あまりにもあっけない修理。

建設会社を通すと対応が早いなあと思いました。

|

« 冷えの根本的解消方法 | トップページ | クリスマススタンプ »

マイホーム作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冷えの根本的解消方法 | トップページ | クリスマススタンプ »