心と体

2015年11月29日 (日)

試験、発表の緊張感を和らげる方法

試験、面接、発表など緊張してうまくできなかったり
いつもの実力を出せなかった経験はあるのではないでしょうか。

脳科学者によると
試験などでプレッシャー、不安、緊張感を感じたときの脳は、
偏桃体が前頭葉のクリエイティブな活動を妨げているのだそう。

どうしたらいいか。
試験前、発表前、面接前に
不安に思っていること、今ある感情を紙に書きだすのがいいのだそう。

実験では、
何もしなかったグループより紙に感情を書きだしたグループのほうが
成績が良かったとのこと。

これは、うつ病治療のひとつなのですが、
そういうことをすることで気持ちが鎮まるんでしょう。

| | コメント (0)

2015年5月21日 (木)

イライラの解消法

先日、TVで

・女性の年収が増えた
  理由は女性管理職が増えたため、晩婚化が進んだため

・イライラする女性が増えた
  理由は女性の社会進出が増え、家庭との両立で悩む女性が増えたため

という統計情報を知りました。

新聞で出産を機に退職すると2億円損する。
だから、育休をとって保育所に預けて働き続けましょう
と唱える記事を見ました。

たしかに、働き続ければ資産は増えますが、
「何かを得れば何かを犠牲にする」ということを
この記事の著者は気付いているのかなぁと思いました。

時間はあるけど、お金がない。
お金はあるけど、時間がない。あるいは心に余裕がない。

ということで悩んでいる人って多いのかも。

イライラを解消する方法の一つに、「期待しない」ことが挙げられます。
何かを期待してその期待を裏切られるからイライラするんです。

例えば、急いでいるときに限って電車やバスが来ないとイライラする場合、
電車やバスがそろそろ来ると期待するからイライラするんです。
そんなに都合よく来ないものだと考えるとちょっと変わってくるのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

オリバー・ストーンさんの言葉

オリバーストーン×広島の原爆投下についてTVでやっていたようで、
TVをつけた時、オリバーストーンさんが人間について語っていたところを
たまたま見たのですが

「たいていの人間は想像力が足りない」

という言葉に共感しました。反省することろがあるなぁ。
言い換えれば、相手の立場になって考えるという意味なんだと思うけど、

これにプラス
「人間は、常に他人と比較する生き物」

といったニュアンスのことも言っていて、あぁそうだ、そうだと共感しました。

| | コメント (0)

2012年10月14日 (日)

冷えの根本的解消方法

最近、肌寒くなってきましたね。

女性は、男性に比べて筋肉量が少ないために冷えを感じやすくなっています。

冷えは万病のもと。逆に言うと、なんとなく体調が悪いとか頭痛がするとかいう

未病も冷えが元になっている事が多いです。

逆に冷えを解消すると、そういう不調がピタッとなくなり顔色がよくなります。

最近、ダイエット等で野菜ばかりで肉を少ししか摂らない方、食事量を減らす

方がいますけど、それって確実に冷えを倍増させています。

そういう方が陥りやすい、冷えの改善方法は

”生姜を摂取する”、”半身浴をする”、”器具を使って外部から温める”というもの。

えっ?何が悪いの?って思うでしょ?

悪くはないんですけど、どれも一時的なもの、補助的なものなんですよ。

冷えを根本的に解消するには、

運動してタンパク質をとって筋肉をつけること

そして冷たいものを摂らないこと。

漢方の本やら色々本を読みましたが、これがベストに違いない。

そんなことは分かってても、私は相変わらず冷え症なので腹巻きしてますが。

| | コメント (0)

2012年9月22日 (土)

幸せの定義

幸せとは何かなんてテーマが大きすぎますが、最近一番心に響いた言葉は

今日より明日がよくなる事」。

ベトナムの労働者に聞いたらたいていそう答えるらしいです。
前向きになれる言葉です。

なぜなら、今日より明日がよくなるためには、

何かしら行動、努力をしなくてはいけないと思うから。

私のテーマになりそう。

| | コメント (0)

2012年5月 6日 (日)

かっこいいセリフ

阪急電車という映画がTVで放映されていました。

あるシーンで祖母が電車を降りてもなかなか泣きやまない孫に

ハンカチで涙をぬぐいながら

「泣いてもいいけど、自分で涙を止められる女になりなさい

というセリフがかっこよかったです。

しばらく真似しそう( ´_ゝ`)。

| | コメント (4)

2012年4月15日 (日)

気・血・水の気の異常

漢方の本を読んでいます。
その中で、面白かった話があります。

漢方では、健康状態を「気・血・水」で捉えます。
気は「病は気から」の気で、心やエネルギーの状態をあらわすのですが、
気の異常があると自分だけでなく周囲を困らせるのだそう。

主に3つ
・自分からストレスをためてイライラするタイプ
・自分の事だけに関心があり、相手にしてくれないと悩むタイプ
・他人が妬ましく、うらやましくて体調を崩すタイプ

いずれのタイプも常識がずれた意識が元になって気が滞り、
逆流したり、減ったりしてしまいます。

こういう常識からずれた人と常識がある人がぶつかり合うと
確実に常識人が体調を崩すそうです。

自分が悪いのではないかとか
相手の間違えを正そうなどと余計なことはせず
距離を置くのが良いそうです。

| | コメント (2)

2011年3月29日 (火)

リフレクソロジー

先日、袋町小学校横の市民交流プラザで
リフレクソロジーの無料セミナーがあり参加しました。
不定愁訴を和らげる家庭医学療法だそうです。
P1030780

講師の方が2名いて、手のマッサージ方法や
足裏のセルフマッサージ方法を習いました。

お見舞いなどに行ったときに、花とか持っていかなくても
手をマッサージしてあげることで心を癒してあげられる
っていう話が妙に心に響いたのでした。

| | コメント (2)

2010年9月20日 (月)

ほのぼの

心が疲れたら、ほのぼのしよう。
P9206536_2
嫌なことは、早く忘れよう。
楽しい事を考えよう。

|

2010年8月16日 (月)

木村藤子さん

恐山の帰りに、そのふもとに住んでいらっしゃる、
地元でも有名な木村藤子さんという霊能力者に観ていただきました。
P8086391

※予約がないとみてもらえません。玄関前で居座ってもだめです。
※あらかじめ鑑定してもらいたい事柄が妥当かどうか、
 彼女の書籍を読むことをお勧めします。

|